竹フィラメントランプ【行灯】-その他


素材白竹・天然木・越前塗り
調光機能付き
サイズW335mm×D135mm×H330mm
説明独特のほのぼのとした優しい灯りを放つ竹フィラメント行灯です。エジソンの技術にならい、京都の真竹を微細加工技術で直径0.3mmにまで削り込み、緻密に燃焼管理された炉で長時間焼成させました。上品な越前塗りで仕上げられ、上質な空間づくりを演出してくれる逸品です。
.
竹フィラメント豆知識
19世紀末、かの天才発明家エジソンが炭素白熱電球を発明しました。電球の命ともいえるフィラメントの材料として竹が最適であることを発見したエジソンは、世界中の竹を集め試行錯誤を重ねました。その中で、京都八幡で生産される真竹が最も相応しい特質の竹であるとの見解にたどりつきます。八幡の竹は鉄分豊かな土質で育ち、柔軟さと堅固さが特徴です。以降、十数年にもわたり八幡の竹が輸出され、世界の技術革命の一端を担う存在となりました。