Soul BamBasic Stone Model] Ishinari [Masato-エフェクター


石成正人氏のメッセージ
ギターから真空管アンプへ音を送る際、原音のキャラクターを損なわずに適度な歪みを足すことでリッチな倍音と粘りが生まれます。その役割を担う、以前より愛用していたオーバードライブがあり、常時ONで使用していたのですが、 「Freesoul Drive」に出逢って、完全にそのポジションが入れ替わってしまいました。 エフェクターのつまみを足でコントロールする事が多い為、デザイン変更を依頼して出来上がったモデルを製品化したものが「Soul Stone」です。
ONにすると、少し中域が前に出ます。「ギターは中域!!」という僕が思う理想の音です。使用するアンプによって低域感、高域感を調整したい場合は「Low」「Treble」のつまみを少しだけ回して下さい。このつまみはとても効きが良いです。
「Gain」つまみは0~10まで全てのポジションで使う事が出来ます。これはとても重要な事で、世にあるたくさんのオーバードライブはある特定の範囲でしかサウンドしないものも少なくありません。そしてもう一点、「Gain」つまみがどの位置でもボリュームの変化がほとんどない事、これが使いやすさへ繋がっています。これにより、常時ONにして場面によって「Gain」を調節する、という使い方が出来るのです。
僕の使い方は、クリーンカッティングでは9時~11時、クランチでは11~13時、ドライブ時は13~15時といった具合です。もちろん、アンプとの相性やセッティングにもよりますので、ご参考までに。貸しスタジオなどで真空管アンプが無い場合も、常時ONで使用する事によりコシと粘りを出す事もできます。
たくさんのギタリストの方に「Soul Stone」のサウンドを楽しんでもらえれば嬉しいです!!
BamBasic
名古屋に居を構えるBamBasic(バンベイシック)は、オリジナルのエフェクター製作をはじめ、カスタム・オーダーも行っているメーカー。加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)をはじめ、石成正人、田中義人などのセッション系のミュージシャンも使用しています。